バイパスホンダ八幡店    山口店長の奮闘記


by bphyyahata

最後の王者

この時間になっても全然仕事が終る気配のないバイパスホンダの山口です。


はぁ~、やっぱり鈴鹿に行ったツケなのだろうか?


それにしても、ちょっとラッシュが長すぎやしないかしら?


という事で、短文とさせて頂きます(いつも短文のような気もしますが・・・)


もう、一週間前の話ですが、今シーズンでなくなるWGP250ccクラスで日本人ライダーがチャンピオンを取りましたね!


f0061705_23303548.jpg



2009年11月8日、Scot Racing Team 250ccの青山博一選手(Honda)が
ロードレース世界選手権(WGP) 250ccクラスで年間チャンピオンを獲得した。
WGP250ccクラスの日本人チャンピオンは1993年の原田哲也選手(YAMAHA)、
2001年の加藤大治郎選手(Honda)に次ぐ3人目。

青山選手はHonda Racing スカラーシップの第1期生として
2004年から2年間、アルベルト・プーチ氏率いるTeam Telefonica Movistar Honda 250より
WGP250ccクラスへ参戦。マシンの開発ライダーも務めた。
そこで、プーチ氏指導のもと、レースに取り組む姿勢を学び 体力・精神面の強化を図る。
その後、KTMのワークスライダーとしてマシン開発を担いながら
3年間で4勝を挙げるなど活躍。

2009年は4年ぶりにHondaへ復帰。
Scot Racing Teamは経験豊富で、RS250RWの理解も深い。
既に開発が終了しており性能アップパーツは望めない中で、
逆に過去のデータ・ノウハウを活用し、マシンのセットアップに集中し
安定した性能を引き出すことが出来た。

青山選手は厳しいトレーニングによって培われた強いメンタルとフィジカル、
高いセットアップ能力を発揮し、第2戦もてぎで2位表彰台を獲得、続く第3戦ヘレスで優勝。
その後も常に高い目標を持ち、集中力・モチベーションを保ち続け、
第7戦アッセン、第10戦ドニントン、第16戦セパンで優勝を飾った。
勝利に対する人一倍の執念、そしてRS250RWの優位性を活かした走りで
マシン性能を最大限に引き出したのである。

ライダー、チーム、マシンのすべてが完璧なマッチングを見せ、
2005年のD.ペドロサ以来となるチャンピオンを掴み取ったのだ。

また、青山選手の活躍は同じマシンを駆る他のHondaライダーの
モチベーションアップにもつながり、
チームメイトのラファエレ・デ・ロサ選手、Honda SAGのヘクトル・ファウベル選手も
表彰台に登壇している。

2サイクル250ccクラス最終年、青山博一選手の名は
その最後の王者として歴史に刻まれることとなった。



来シーズンからは最高峰クラスのMOTO GPで活躍する事になっている青山選手。


250ccクラスがなくなるのは寂しいですが、


それと同時にMOTO GPクラスで、同じ日本人として応援できる事を嬉しく思ったりもします。


来年は強豪ばかりの中で活躍できる事を切に祈ってます!


そうそう、青山選手といえば、僕も以前から気になっていたレプリカヘルメット。


f0061705_2338959.jpg



僕の中で、今あるレプリカヘルメットで一番カッコイイと思っているデザインです。


こういうデザインでSHOEIから発売されないかな?


来年モデルに期待!


それか山下店長みたいにオリジナルのカラーリングにするか・・・?


とりあえずX-TWELVEが発売されるまで待っとこう。


最後にコチラは待たずにドンドンクリックしていただければ嬉しいです。


コチラをプチッと押していただければ嬉しいです♪人気ブログランキングへ


それでは。
by bphttobata | 2009-11-14 23:45 | 日記 | Comments(0)