バイパスホンダ八幡店    山口店長の奮闘記


by bphyyahata

CB50Sレストア記 <最終話>

長らくお預かりしていた車輌の修理がやっと終わりまして、


多分、戸畑店に出入りしている方なら分かると思うのですが、


1980年式のバイク「CB50S」


バラバラの状態から再生させて、ただ元通りに戻すだけでは芸がないので、


「現代に蘇る旧車」をテーマに、いろいろカスタムを施しました!


エンジンはXR50をボアアップしたエンジンに乗せ換え(簡単に乗せかえれると思ったらかなりの加工が必要だった)


足回りは現行のバイクで流用できそうなパーツを加工して取り付け、


12V化したのでメインハーネスから全部引きなおし、もともと付いているスイッチ類に合うようにこれまた配線を加工しまくって、


マフラーはエイプ用のノスタルジックなモリワキのモナカマフラーを付け、


そうそうフレームやスイングアーム、フロント三叉は全部サンドブラストした後塗装して、


f0061705_2144512.jpg


f0061705_21443092.jpg


f0061705_21444679.jpg


f0061705_2148135.jpg

最後に残ったのはCB50のタコメーターを使えるようにCBの右クランクケースカバーの移植とオイルポンプギヤのセンターシャフトの加工で、無事にXRエンジンでCBの純正タコメーターが使えることに成功しました!


他にもチェーンラインの問題や他諸々いろんな問題がありましたが、


なんとか形になりました!


ご紹介しましょう!これが現代に蘇った旧車「CB50S」です!


f0061705_21462544.jpg



f0061705_21464121.jpg



パッと見、マフラーを変えただけのCBに見えますが、


重要な部分はほとんど現行のパーツへ変更しています。


点火系などはオーバースペックかな?と思うぐらいよい物が付いていますし、


12V車なので6V車みたいに信号待ちでウィンカーを点滅させるのにアクセルを煽る必要もないし、


ブレーキ廻りは当時のままですがオーバーホールしてるので安心です。


この仕様なら安心して遠出する事もできます。


普通ならこんなに長期にわたってバイクをお預かりする事はないのですが、


今回は特別な事情により、こういうかたちをとらせて頂きました。


頻繁に顔を出してくれるお客さんなのですが、


今日、お店に来て出来上がっている我がバイクを眺めながら満足下にしていました。


もちろん費用はかなりかかりましたが、それに見合う出来だと思っています。


あとは折角仕上がったバイクなので、大事に大事に乗ってもらえれば嬉しいです!


さぁ、これで自分のバイクの事をしっかり考える余裕が出来ました!


かなりめんどくさい事やってますが、早く形にしないと!


今から頑張ろう!


最後にいつもご面倒おかけしますが、これからもコチラを宜しくお願いします!


コチラをプチッと押していただくと嬉しいです人気ブログランキングへ


それでは。
by bphttobata | 2010-02-13 22:07 | ミニバイク | Comments(0)