バイパスホンダ八幡店    山口店長の奮闘記


by bphyyahata
カレンダー

コレなら乗れる!

久しぶりに焼肉を食べてお腹がビックリしているバイパスホンダの山口です。


本来のお別れ会ということをスッカリ忘れて食べる事に集中してしまいました。


f0061705_21143834.jpg



あんな柔らかい肉を食べた事がないかも?


口の中に入れたら噛まないでも溶けちゃうんだもん!


鮮度も抜群で、おもわず生で食べちゃう人もいたくらい!


アルバイトの子達にも喜んでもらえたみたいなので何よりです!


これで3月いっぱいまでコキ使えそうです。





さて、僕には今の所直接関係ないのですが、この時期になるとコレが盛んになるみたいで・・・・。


f0061705_21205355.jpg



大量の花粉


花粉症の方にはつらい時期が来ましたね。


もう自分ではどうしようもないぐらい鼻水が出たり、


目を真っ赤に腫らしている方を時々目にします。


それを見て僕はいつも思います。


「あ~、俺、花粉症じゃなくて良かった」と。


こんな事言ってると花粉症の方にぶん殴られそうですね。


すいませんね、どうも心が腐っているみたいです。


もちろんバイクに乗っているときでもそう。


山の中はスギ・ヒノキだらけなので、今日みたいにツーリング日和な時でも


とてもじゃないけど辛くて辛くてバイクに乗るどころの話じゃない!ですよね。


もちろん戸畑店にも花粉症のバイク乗りの方がいるわけで、


でも、だからと言ってバイクに乗らずに我慢していると、


今度は別の病気が発症するらしく、


俗に言う「バイクに乗りたい病」ってやつ


これにかかると、花粉症より症状がひどいらしく、


仕事も手に付かず、寝ても覚めてもバイクのことばかり考えて、


目に映るものは全てバイクに見えるので、


何にでも乗ろう、跨ろうとする社会的にもとっても危険な病気らしいです。


まぁ、かなり大袈裟に言ってしまいましたけど、


要は絶好のツーリング日和なのに、仕事の為バイクに乗れなくて、


窓の外を見るとバイクの集団がキモチ良さそうに走っていて、


「くっそ~、いいな~!俺も乗りて~な~!」っていうやつです。


まぁ、仕事でバイクに乗れない方は残念としか言いようがないですが、


花粉症でバイクに乗れない!って方には、コレを装着してもらえば!って思います。


f0061705_21533191.jpg



レスプロ社のシティーマスク


<HPから抜粋>
今までのシティマスクがバージョンアップ。
以前のバルプの2倍もの呼気を可能にしたテクノバルブを装備
付属フィルターは英国国防省が細菌兵器対策用に開発した特殊炭素繊維
DACCフィルターが付属しています
この繊維にはマイクロポアと呼ばれる微孔が無数に配され、これが排気ガスに含まれる有害物質などを強力に吸着します。
効力は汎用の活性炭フィルターの約25倍の吸着力を持っています。



とまぁ、花粉症対策専用というわけではないのですが、


排ガスの有害物質もカットしてくれるというから花粉症の方じゃなくてもバイク乗りならお勧めできる品です。


見た目も悪くなく、こんな感じ↓


f0061705_2221632.jpg



悪くないでしょ?まぁ、コレはモデルさんが良すぎる感もありますが・・・。


で、気になるお値段は¥6.195と少しお高めですが、背に腹はかえられないでしょうから!と思っていたら、


あった!もっとお手頃なやつが!


f0061705_22272392.jpg



デイトナさんのエアフィルマスク


<HPより抜粋>

空気中のホコリや花粉、排気ガスのいやな臭いをシャットアウト着脱フィルター付きバンダナマスク。
活性炭入り・高性能フィルターで空気中のホコリ・花粉を除去。活性炭入りなので、有機臭や排気ガスなどの臭いを除去。フィルター内の熱気を逃がす排気バルブ付。フィット感を高める立体4層構造。ノーズクリップ付き。
フィルター着脱式なので、洗っていつも清潔にできます。耳掛けようのゴムで装着しやすい。生地は好みに合わせて3タイプ。肌触り抜群のシルク生地。人にも環境にもやさしいオーガニックコットン生地。お洒落に使えるプリントコットン。
サイズ:フリーサイズ。フィルター1個付属。



色も選べる10色で、気になるお値段


¥2.940~


やっぱりコッチかな~?


と、まぁ少しでも参考にしていただけたら!と思います。


最後に下がりに下がったコチラの応援クリックをどうぞお願いします!


コチラをプチッと押していただくと嬉しいです人気ブログランキングへ


それでは。
by bphttobata | 2010-02-25 22:34 | 日記 | Comments(0)