バイパスホンダ八幡店    山口店長の奮闘記


by bphyyahata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

motoGP決勝!

Moto GP comから抜粋
f0061705_16535833.jpg


第15戦日本GPの決勝レースは2日、ツインリンクもてぎで行われ、ダニ・ペドロサが優勝。今季3勝目を飾った。

気温19度。路面温度29度のドライコンディションの中、4番グリッドのペドロサは、6ラップ目にトップに飛び出すと、安定したラップを刻み、昨年左鎖骨を骨折した舞台で、第3戦ポルトガルGP、第9戦ドイツGPに続き、今季3勝目を達成。

2番グリッドのホルヘ・ロレンソは、7.299秒差の2位。今季10度目の表彰台を獲得。

ポールポジションのケーシー・ストーナーは トップ走行中の5ラップ目にコースアウト。9.498秒差の7番手に後退したが、3位まで巻き返して、13戦連続14度目の表彰台を獲得。

6番グリッドのマルコ・シモンセリと3番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは、ジャンプスタートにより、6ラップ目にライドスルーしたが、4位と5位でフィニッシュ。

5番グリッドのベン・スピースは、オープニングラップでコースアウトを喫したが、6位でチェッカーを受け、3位争い中にコースアウトを喫したニッキー・ヘイデン、コーリン・エドワーズが続いた。

11番グリッドの青山博一は、今季8度目のシングルフィニッシュとなる9位。ランディ・ド・プニエがトップ10入り。

ワイルドカードの秋吉耕祐と伊藤真一は、12位と13位。

7番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、オープニングラップの転倒で、今季初のリタイヤ。

8番グリッドのアルバロ・バウティスタは、自己最高位に向けて単独4番手を走行していたが、14ラップ中に転倒。トニ・エリアス、エクトル・バルベラ、ダミアン・カドリンも転倒リタイヤ。

15番グリッドのカレル・アブラハムは、前戦の転倒が影響して、集中力が欠けることから欠場を決断した。

チャンピオンシップは、ポイントリーダーのストーナーとランク2位のロレンソとのポイント差が、44ポイント差から40ポイント差となった。



ストーナーが勝つかと思っていたので少しビックリ!


にしてもえらく転倒リタイヤが多かったんですね。


青山選手、シングルフィニッシュおめでとう!


Moto2クラスは遂にマルケスがランキングトップになりましたね!


残り3戦、ブラドルとのチャンピオン争いが白熱しそうで楽しみです!


高橋選手は5番グリッドからのスタートと言う事で期待していたんですが、惜しくも転倒。


それでも30位でフィニッシュ!


代役参戦で出場している中上選手、ウォームアップ走行で転倒した際に左肩甲骨を骨折して欠場。


早く怪我を治して全日本に復帰して欲しいですね!(今年はJ-GP2チャンピオンになって来年に繋げて欲しい!)


やっぱりHPでリザルトを見るだけじゃつまらない!


早く映像で見たい!


というか生で見たい!


それもそうだけど茂木を走ってみたい!


とりあえず週末はオートポリスの走行会です。


みなさんに安全に楽しんでもらえるようにしっかり先導したいと思います!


みなさんのやさしい気持ちで応援クリックして頂くと嬉しいです!
コチラをプチッと押していただくと嬉しいです人気ブログランキングへ

それでは。
by bphttobata | 2011-10-02 18:49 | 日記 | Comments(0)