バイパスホンダ八幡店    山口店長の奮闘記


by bphyyahata
カレンダー

どれにする?

AKBの総選挙なんて全然興味ないのですが、昨日しっかり見ていた者です。


いや、ホントに全然興味ないんだけど何となく見てしまっただけで・・・・。


にしてもこの総選挙って、すごい経済効果ですよね!


CDが売れない時代に信じられない枚数を売り上げているしね。


バイク業界も見習える所ないかしら?




さて、やっとニューミッドコンセプトシリーズも出揃いましたね!


f0061705_20543947.jpg

NC700X DCT 
NC700X LD


Hondaは、力強いトルク特性で扱いやすく燃費性能に優れた大型モデル「NC700X」に、有段式自動変速機のデュアル・クラッチ・トランスミッションを搭載した「NC700X Dual Clutch Transmission<ABS>」と、シート高を低くし足着き性を高めた「NC700X TypeLD」※をタイプ追加し、それぞれ6月14日(木)に発売します。
NC700X Dual Clutch Transmission<ABS>は、Hondaが二輪車用として独自に開発した変速機構のデュアル・クラッチ・トランスミッションと、アンチロックブレーキシステムを採用したモデルです。走行モードは、マニュアルモードとオートマチックモードが選択でき、簡単な操作でダイレクト感のある走行フィーリングを味わうことができます。
NC700X TypeLDは、NC700Xをベースに前・後サスペンションを変更してローダウン化を図り、シート高を30mm低くすることで足着き性を高めています。6速マニュアルミッション仕様、6速マニュアルミッションのABS仕様、デュアル・クラッチ・トランスミッションのABS仕様の合計3モデルをラインアップしました。
NC700Xシリーズは、「ニューミッドコンセプト」シリーズとして開発したモデルで、スタイリングは、Hondaのモーターサイクルづくりの新たなコンセプト「クロスオーバーコンセプト」の思想に基づき、躍動感にあふれ力強く洗練されたデザインとしています。また、アップライトなライディングポジションによって、市街地走行やツーリングなど幅広いシチュエーションで、快適な走行を楽しむことができます。


f0061705_20581580.jpg


NC700S DCT


Hondaは、力強いトルク特性で扱いやすく燃費性能に優れた大型ネイキッドモデル「NC700S」に、有段式自動変速機のデュアル・クラッチ・トランスミッションを搭載した「NC700S Dual Clutch Transmission<ABS>」をタイプ追加し6月14日(木)に発売します。
このNC700S Dual Clutch Transmission<ABS>は、Hondaが二輪車用として独自に開発した変速機構のデュアル・クラッチ・トランスミッションと、アンチロックブレーキシステムを採用したモデルです。走行モードは、マニュアルモードとオートマチックモードが選択でき、簡単な操作でダイレクト感のある走行フィーリングを味わうことができます。
力強いトルク特性と優れた燃費を実現した水冷・4ストローク・OHC・直列2気筒700ccエンジンに、伝達効率に優れたデュアル・クラッチ・トランスミッションを組み合わせることで、燃費は6速マニュアルミッション仕様と同じ41.5km/L(60km/h定地走行テスト値)を達成しています。
スタイリングは、シンプルでありながら、ダイナミックなプロポーションを実現。エンジンとフレームの機能美を際立たせながら、フロントからリアまで流れるようなフラッシュサーフェス処理を施した低重心フォルムは、先進のネイキッドモデルにふさわしいものとしています。




NC700Xに関しては足付き性を考慮してローダウンが発売されました!


シート高が3cmも低くなるのでかなり安心です。


ちなみにLDに関しては受注生産です。


DCTに関しては第2世代とう事で、初代のネガな部分がだいぶ解消されているのではないでしょうか。


自分のバイクの使い方にマニュアルが合っているのか?はたまたDCTが合っているのか?


どのシリーズにしても今までからは想像も出来ないぐらいお求め易くなっているのでありがたいですよね!


さぁ、アナタならどれを選びますか?


みなさんのやさしい気持ちで応援クリックして頂くと嬉しいです!
コチラをプチッと押していただくと嬉しいです人気ブログランキングへ

それでは。
by bphttobata | 2012-06-07 21:18 | 日記 | Comments(0)