バイパスホンダ八幡店    山口店長の奮闘記


by bphyyahata

今年もサーキットに足を運ぼう!

どうも。
ホンダのHPを見て「何?コレ」って思った者です。


f0061705_1947561.jpg


f0061705_19481654.jpg



快適技術が体感できる「CTX700N」「CTX700」を発表 ~新たなクルーザーモデル「CTX」シリーズの第一弾~

Hondaの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーター(本社:カリフォルニア州トーランス 社長:岩村 哲夫)は、2013年2月8日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

<ご参考>
Hondaは、「快適技術の体感」を新たな開発コンセプトに掲げた「CTX」シリーズの第一弾として、ネイキッドモデル「CTX700N」とカウル装着モデル「CTX700」を、米国シカゴで開催の国際モーターサイクルショー(International Motorcycle Show)にて発表しました。

この新たなクルーザーモデルのCTXのネーミングは、Comfort Technology Experienceに基づいたものです。モーターサイクルをこれまで以上に、“楽に、快適に、爽快に”乗っていただきたいとの想いから、スタイリングはもちろん、車体やエンジンなどあらゆる領域で、優れた快適性を実現するための技術を追求しています。

スタイリングは両モデルともに、Honda独自の「水平基調デザイン」をデザインのテーマとしています。「おおらかで力強い面構成」と「機能的に独立した部品構成」をキーワードに、フレーム構成からシートやサイレンサーに至る細部まで、機能美を融合した水平基調で表現しています。

車体は、新設計のリアサブフレームを採用することで、足着き性に優れ安心感のある720mmの低シート高を実現しています。また、ライディングポジションは、さまざまな体格のライダーが親しめるように自由度の高い設定とし、市街地走行から長距離ツーリングまで幅広い用途で快適な走行を楽しめるものとしています。

エンジンは、常用する低・中回転域の力強さと燃費性能に優れた水冷・直列2気筒670ccを搭載。不快な振動を抑えた心地よい鼓動感のエンジンが、ライディングの楽しさと快適性を高めています。なお、両モデルともにマニュアルトランスミッション搭載タイプとデュアル・クラッチ・トランスミッション搭載タイプを設定し、幅広いユーザーの好みに応えられるものとしています。

CTX700NとCTX700は、グローバルモデルとして熊本製作所で生産し、世界各国に輸出します。日本では、2013年初夏の発売を計画しています。



エンジンはNC700シリーズの物を使っているようですね。


というかNC700Sのとマグナ250の合成写真みたいに見えるのは僕だけでしょうか・・・。


もう一台はDN-01・・・?


日本では初夏に発売予定らしい。


ま、まぁ、現車を見てみないと何とも言えないですけど・・・この写真を見る限りじゃ微妙な感じ・・・・


ホンダショップの従業員がこんな事いうのもアレなんですけど、


「頑張れ!ホンダ!カワサキに負けるな!」





さて、今日、ホンダさんのレース参戦体制発表がありましたね。


motoGPではレプソルホンダが2台体制で戦います。


f0061705_209564.jpg


f0061705_20102691.jpg


f0061705_20104430.jpg



今年のレプソルカラーは今までとイメージが違いますね~。


個人的にはコチラの方が好き♪


さぁ、mpotoGPクラスの台風の目となるマルケスがどれだけ成績を残せるか期待ですね!


ロッシもヤマハに戻ってきたし、セパンでのオフィシャルテストでも好感触だったみたいなので、今年はMotoGPから目が離せないですよ!


まっ、僕はネットで結果しか見れないんだけど・・・・。


全日本RRも暫定エントリーリストが発表されましたね。


今年もオートポリスに足を運ぶ予定です!


それと鈴鹿8耐。


今年こそは行きたい!

いや、行きます!

いや、行きましょう!


もうDVDで見るのは飽きました。


今年も色々とサーキットに足を運ぶ事が多くなりそうです♪

みなさんのやさしい気持ちで応援クリックして頂くと嬉しいです!
コチラをプチッと押していただくと嬉しいです人気ブログランキングへ

それでは。
Commented by cubshiki at 2013-02-13 08:39
HONDAは、レースで強いからいいと思います。
ラリーも出足躓いてたけど、終わって見れば3位に食い込んだし。
レースの結果で技術の高さを示し続けた会社で、市販車はどちらかといえば、4代メーカー中3位ですよ。

4位はSUZUKIとして。
(※SUZUKI好きですけどね)
Commented by bphttobata at 2013-02-14 19:38
cubshikiさん、バイクは趣味の乗り物なので、万人受けするバイクだけじゃなく、玄人も喜びそうなモデルも出してもらいたいものです!
by bphttobata | 2013-02-08 20:30 | 日記 | Comments(2)