バイパスホンダ八幡店    山口店長の奮闘記


by bphyyahata

400ccクラスに旋風を巻き起こす!

どうも。
明後日のサーキット走行会の準備が全く終わっていない者です。


まぁ、主に自分のバイクの整備や何たらなのですが...


当日、八幡店から出発する方はお店に6時半までに到着しておいて下さいね。


6時半には出発します。



都市高速と有料道路、宇佐別府道路を使って直入まで行きます。


もちろんガソリンは満タンで!


天気予報では最高のサーキット走行会日和になりそうですね!


気温が上がるので行き帰りのツーリングも気持ち良さそうですね。


みんなで楽しい一日にしましょう!







さて、本日ホンダさんより発表されましたね↓

<ホンダHPより>
Hondaは、新開発の水冷・4ストローク・DOHC・直列2気筒400ccエンジンを搭載したスポーツモデル「CBR400R」「CB400F」「400X」を発売します。CBR400Rは4月23日(火)に、CB400Fは5月23日(木)に、400Xは6月7日(金)に、それぞれ発売します。
この3車種の開発にあたっては、市街地走行からツーリングまで幅広いシチュエーションでの扱いやすさを追求するとともに、最新のデザイントレンドを採用しています。3車種ともに、新開発のエンジンとフレームを共用しながらも、それぞれが個性際立つスタイリングを実現しています。
エンジンは、低・中回転域から高回転に至るまで、スムーズで扱いやすい出力特性とすることで、軽快かつスポーティーな走りに対応しています。また、低フリクション技術や燃焼効率の追求により、39.7km/L(60km/h定地走行テスト値)の優れた燃費性能を実現しています。
車体には、しなやかで剛性に優れた新設計のダイヤモンドフレームを採用。マスの集中化を図るとともに、高い路面追従性を発揮する前・後サスペンションなどの採用で、スポーティーな走りを楽しむことができます。
スタイリングは、3車種それぞれが異なったデザインコンセプトに基づいています。上質感と躍動感にあふれた個性的なデザインの採用によって、所有感を高めています。



f0061705_20261112.jpg

f0061705_20262834.jpg

f0061705_20264414.jpg



個人的にはネイキッドモデルの「CB400F」が好きだったりします。


少しレーシーなアンダーカウルとシングルシートカバーがあれば、今流行のストリートファイター系になりそうです。


マフラーは要交換ですね。


f0061705_20335523.jpg



400cc並列2気筒エンジンを少しバカにしていましたが、エンジンスペックを見て驚きました!


最高出力 46PS/9.500rpm

<ホンダHPより>
最高出力を9,500rpmで発生する水冷直列2気筒エンジン。バルブサイズやボア×ストローク比、ポート形状の検討を重ね、吸・排気の流れを効率化することで、日常の移動で最も使用頻度が高い低・中回転域ではトルクフルで扱いやすく、また高回転域ではパワフルなエンジン特性を実現しています。


低中速の粘りのあるエンジンで、且つ高回転域でもしっかりパワーを出しているみたいです。


CB400SFにも、そんなに引けをとらないのではないでしょうか?


どちらにしても今まで寂しかった400ccクラスのバリエーションが豊かになったのは嬉しい限りですね!


これで各クラス、フルカウルモデルが揃いましたね。


あっ、あと125クラスか。


お値段的にはNCシリーズほど破格とまでいかなかったですが、完全新型バイクにかなり興味が沸きますね!


普通二輪免許をとったばかりの方で、「せっかくだから250ccじゃなくて400ccに乗りたい!」とか、「400ccが欲しいけどCB400SFは皆乗っているから違うヤツが欲しい!」など、「大型バイクからダウンサイジングしたいけど250ccじゃ非力そうでイヤだ!」っていう方にもお勧めできますね!


まぁ、マンネリ化していた400ccクラスに旋風を巻き起こす事は間違いないでしょうね。


発売が楽しみなモデルですね!


みなさんのやさしい気持ちで応援クリックして頂くと嬉しいです!
コチラをプチッと押していただくと嬉しいです人気ブログランキングへ

それでは。
by bphttobata | 2013-04-12 21:03 | 日記 | Comments(0)