バイパスホンダ八幡店    山口店長の奮闘記


by bphyyahata
カレンダー

昔話

どうも。
日に日に天気が悪くなっていくので、日曜日のミニバイクツーリングが少し心配になってきた者です。


雨はそんなに心配してないんだけど、凍結などの心配があるので、当日目的地を変更する可能性もあります。


まぁ、それはそれで楽しいツーリングになると思うので、みなさん気にせずお気軽にご参加を!


...........誰もおらんやったら凹むやろうなぁ~


わが町北九州でも皿倉山が雪化粧していました。


大分県、熊本県も標高の高い所はかなり積雪しているみたいですね。


f0061705_16354498.jpg


必ず年に何回かは足を運ぶ大分県のオートポリスもスキー場みたいになっています。


こうなってしまうとツーリングどころじゃなくなってしまうのでアレですが、この時期でも路面状況さえ問題なくて我慢さえすれば阿蘇ツーリングできちゃうんですよね。


まぁ、行けたにしてもリスクはかなり高いですけど...


そんな事を考えていると昔の思い出が蘇ってきます。


若かりし日の僕は今は懐かしいVTR1000Fに乗っていました。


何月かは忘れたけど、まだまだ寒い時期に山越えで阿蘇を目指し大型バイク3台でツーリングに出掛けました。


あとの2台はこれまた懐かしいCBR900RR。


一行が目指したのは、雪が降ると一目散にOFFバイク乗りと4駆乗りが集う「英彦山」


結構な積雪量で、冬場はチェーン規制がかかる道路です。


僕らは「まぁ、行ける所まで行ってみよう」というノリでトコトコ走っていったわけですが、路面を選びながら無事に上の休憩場まで到着。


それなりの銀世界だったのを覚えています。


で、そこから更に奥へと道は続いているわけですが、オンロードバイクが入ってはいけない事は容易に想像できます。


僕の小さな脳みそをフル回転させた結果、


「まぁ、行ける所まで行ってみよう!」とワクテカな気持ちを抑える事ができませんでした♪


それに平気でついてくる他の2台もどうなのか?というところですが...


コーナーを一つ二つ抜けたら、完全な雪景色に変わりました。


ニーグリップをしっかりしながら徐行で進んでいきます。


でも、当然の事ですがそんな状況でオンロードバイクで走れるわけがありません。


途中で「もうダメや」と諦め、後ろを向いたら誰もいません。


緊張しながら極限の状態で走っていたのでミラーを全く見ていませんでした。


一時待つも来る気配がありません。


なのでUターンして戻っていると、一台ゴロンしていました。


ここでは書きませんが、色々と面白かったので笑いでシールドを曇らせながら元の駐車場まで戻って、


で、帰ったわけではありませんよ。


3人で話しあった結果、別のルートで阿蘇へ向かう事に。


天気は良かったんですよ。ただ寒かったのと路面を気にしながらじゃないと走れなかったですね。


無事にやまなみハイウェイを走り大観峰までたどり着きましたが、逆にこちらの方が路面状況は良かったです。


帰りはさすがに10号線を使いましたが(それでも耶馬溪ぐらいまでは山の中を走った)、昔は冬でも普通にツーリングを楽しんでいましたね。


タイヤもバイクも性能なんかは今の方が断然良いのに、昔の方がオールシーズンバイクを楽しんでいました。


今はそんなリスクを負ってまでツーリングする事はないですが、せっかく四季のある日本に生まれたんだから、それぞれの季節を肌で感じながらツーリングしたいな!と思いますね。


今は電熱グッズが当たり前の時代なので、しっかり防寒していれば冬場のツーリングも楽しめますよ!


まぁ、陽が落ちる前に帰宅するのが鉄則ですが。


というわけで、明後日のツーリングも寒いでしょうけど楽しく走りましょうね!


みなさんのやさしい気持ちで応援クリックして頂くと嬉しいです!
コチラをプチッと押していただくと嬉しいです人気ブログランキングへ


それでは。
by bphttobata | 2014-02-07 17:46 | 日記 | Comments(0)