バイパスホンダ八幡店    山口店長の奮闘記


by bphyyahata

ヤマハが本気出した!

どうも。
雨も嫌だけど晴天も喉が痛くなるので嫌な者です。


天気が良い時は必ずといっていいほど空気が悪いですね。


空は青いけど遠くの山も街もモヤってます。


何処に行ったら澄んだ空気を吸えるのでしょうかね~








さて、新車販売で勢いに乗っているヤマハさんがまた衝撃的なニュースを!


ヤマハ発動機株式会社は、2015年7月23~26日に三重県・鈴鹿サーキットで開催される“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第38回大会に、2002年以来のファクトリー体制となる「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」で参戦します。
 チームからは、全日本チャンピオンの中須賀克行選手と、MotoGPで活躍するポル・エスパルガロ選手、ブラッドリー・スミス選手の3選手が出場し、新型「YZF-R1」をベースとして鈴鹿8耐用に開発を行ったファクトリーマシンとともにヤマハにとって19年ぶり5回目の優勝を目指します。

 中須賀選手は、全日本ロードレース選手権の最高峰クラスで史上初の4連覇に挑戦する日本のエースライダー。鈴鹿8耐には過去7回出場し、2014年は4位に入賞しています。鈴鹿8耐初出場となるエスパルガロ選手とスミス選手は、ともに二輪ロードレースの世界最高峰MotoGPで活躍し、2014年はそれぞれランキング6位と8位を獲得しました。
 またチーム監督には、全日本でファクトリーチームの指揮を執る吉川和多留監督を迎え、チーム、ライダー、スポンサー、そしてヤマハファンが一体となって勝利を目指します。

 当社は、「ブランディング」「技術のフィードバック」「普及活動」という三つの基本方針を掲げ、世界各地でレース活動を展開しています。今シーズンは全日本選手権の3カテゴリーでファクトリー活動を再開するとともに、新型「YZF-R1」の投入による各国レース活動の活性化など新たな取り組みも開始しました。ファクトリー体制による鈴鹿8耐への挑戦もこうした方針に基づく活動の一つであり、そのプロセスを通じて新型「YZF-R1」の性能を証明しながら、さらなる技術の獲得や人材の育成、そしてブランドスローガン“Revs your Heart”の具現化を進めてまいります。



現役MotoGPライダーが二人も!


ヤマハさん、本気で8耐優勝狙ってますね。


ハルクからはストーナーも出るし、今年は国内4メーカーのバトルが白熱しそうですね。


なんか面白うそうだな....


みなさんのやさしい気持ちで応援クリックして頂くと嬉しいです!
コチラをプチッと押していただくと嬉しいです人気ブログランキングへ
そrでは。
by bphttobata | 2015-05-25 19:52 | 日記 | Comments(0)