バイパスホンダ八幡店    山口店長の奮闘記


by bphyyahata
カレンダー

ホンダさん、巻き返しはありますか?

どうも。
ご飯一膳じゃ我慢できない者です。


そんなに体も動かしてないのに腹だけは空きます。


あれですかね......秋だから?って事にしときましょう。







さて、ホンダさんのHPにこんな記事が載ってました


f0061705_122438100.jpg

f0061705_12244999.jpg


外観を刷新した「CBR500R」をAIMExpoで世界初公開

Hondaは、10月15日(木)から10月18日(日)まで米国フロリダ州オーランド市にて開催される国際モーターサイクルショー「AIMExpo(American International Motorcycle Expo)に、スポーツモデル「CBR500R」をワールドプレミアとして出品いたします。

 このCBR500Rは、CBRシリーズのミドルクラスとして、エントリーライダーやステップアップライダーから、気軽に乗りたいベテランライダーまで、幅広い層のお客様に対応するモデルです。
 今回、フラッグシップモデル「CBR1000RR」のDNAを受け継いだ外観に刷新させるとともに、新形状のマフラーを採用するなど、よりスタイリッシュで、心地よいエキゾーストサウンドを楽しめるモデルに進化させています。






・「AGGRESSIVE SPEED SHAPE」をスタイリングコンセプトに開発。新採用のLEDデュアルヘッドライトを装備し、よりスラントさせた印象的なフロントフェイスから、同じく新採用のLEDテールランプを備えて跳ね上げたリアまわりまで、エッジの効いたキャラクターラインとすることで、風を切る流れを表現したデザインを実現。
・新形状の異型断面のマフラーは、内部構造などを変更してマスの集中化を図るとともに、低音の効いた歯切れの良いエキゾーストサウンドを実現。
・新設計のフューエルタンクは、容量を拡大するとともに、ヒンジタイプのキャップを採用し、給油の利便性を向上。
・プリロードアジャスターを装備したフロントサスペンション。
・さまざまなライダーの手にフィットするように設計された、ブレーキレバー調整機構を装備。



この外観を刷新したCBR500Rは、アメリカでは2016年に発売を予定。販売地域は、北米、欧州、アジアに加え、日本では、CBR400Rとして販売を計画しています。



少しスポーツ志向が強くなったのでしょうかね、ちゃんとした全体像も見てみたいですね。


でもでも、今やっぱり一番気になるのは....


f0061705_1304653.jpg



コレ、日本GPで展示してたりしないかな?


それはないか、してれば即SNSでアップされろうだろうから....


はやく詳細が知りたいです^^

コチラをプチッと押していただくと嬉しいです人気ブログランキングへ
それでは。
by bphttobata | 2015-10-09 18:47 | 日記 | Comments(0)