バイパスホンダ八幡店    山口店長の奮闘記


by bphyyahata
カレンダー

新型スーパーカブ発表

どうも。
閉ざしてた口を開く事が出来て気が楽になった者です(笑

f0061705_1824365.png



本日、新型スーパーカブが発表となりました。


生産国が日本に戻り、スタイルも日本人が好むカブに戻りましたね。


合わせて、世界生産累計台数一億台を達成!




今日こそ、お客さんと話していたのですが、「カブ90の時代からカブ110に変わって、使い方の幅が広がりましたよね!」と。


コアなユーザーがワンオフパーツを作ったり、純正パーツを流用・加工してカスタムしていた50.90の時代が懐かしいですね。


重いシフトペダルをガッチャンガッチャンいわせながらシフトチェンジしていました。


エンジンも回らないし、エンブレも振動も超強いし。


ボトムリンク式フロントフォークはテレスコ式に慣れている人にとって違和感の塊みたいなものだし。


そしてカラーリングが配達用バイクのダサいイメージしかない。


110はこの全てが改善されています。


「乗りにくい」から「乗りやすい」へ。
「ダサい」から「可愛い」へ。


これによって女性や若年層のユーザーが一気に増えました。


ビジネスモデルからFANモデルへ。(これは僕の個人的思い)


楽で速くなった分、ツーリングで使う距離も延び、


クロスカブが発売された事によりキャンプや釣りなどの趣味をサポートするためのツールとしても重宝されだす。


一部のコアなユーザーは野山を駆け回るオフ車として使ったりも。


これからまだまだ生産累計台数は伸びていく事でしょう。


僕もその中の一台を担う者として誇らしく思っています。


..........。


まぁ、それは置いといて、八幡店にもまぁまぁの台数が入荷する予定です。


カタログもたくさんご用意しております。


来月の発売が楽しみですね~!


ご相談いつでも承っております^^


みなさんのやさしい気持ちで応援クリックして頂くと嬉しいです!
コチラをプチッと押していただくと嬉しいです人気ブログランキングへ
それでは。
by bphttobata | 2017-10-19 19:55 | スーパーカブ | Comments(0)