バイパスホンダ八幡店    山口店長の奮闘記


by bphyyahata
カレンダー

バイクでキャンプ vol.2

どうも。
昨晩はテントの中で眠った者です。


昨日、キャンプ道具の掃除をしていたら息子から「テントの中で寝たい!」とのリクエストがあり、近い将来の親子キャンプ実現の為、家の中でテントを張りました。


すると「やっぱり怖いけ布団で寝る」と....


片付ければ良かったのですが、家の中の家の中で寝るとどういう気分なのかを試してみたくて、喜んでテントの中に入りました(笑


結果、すごく快眠できました。


まぁ、シュラフを掛け布団として使ったので開放感があったからかもしれません。


意外と楽しかったので、機会があればまた「部屋キャンプ」したいと思います。







さて、この前の続きです。


朝が来て目も覚めました。


生きている事に感謝しながら「生存確認しなくては!」と思いテントを出ると既に皆起きていました。


よくよく話を聞くと「寒すぎてほとんで寝れなかった...」という人が多数。


たしかにテントの一部がメッシュ地の人もいたので当然だと思います。


ペラペラのシュラフを2枚重ねで寝てた人もいました。


よく死ななかったな...と。


ちなみに僕も朝方寒くて目が覚めましたが、よく見るとテントのジッパーを一部締めていませんでした(笑


ちなみに「寒い」だの「凍傷」だの大袈裟やなぁ~って思われている方もいらっしゃると思いますが、当日の朝はこんな感じでした↓


f0061705_21223222.jpg

f0061705_21225960.jpg

f0061705_21233889.jpg



で、各々朝食を作ります。


f0061705_21253616.jpg

f0061705_21263065.jpg



食後は撤収の準備です。びしょびしょに濡れたタープやフライシートを朝日で乾かします。


これが時間が掛かる掛かる。


f0061705_21284692.jpg



今回はツーリングに時間を使い過ぎてしまい、キャンプの準備をバタバタしながらやる羽目になりました。


なので真っ暗の中で調理することになってしまい結構大変でした。


次回は時間に余裕を持って入村しようと思います。


キャンプ場を後にして黄金色に輝くやまなみハイウェイを快走します。


湯布院道の駅でお弁当を買った後、鶴見岳に向かいました。


f0061705_21332766.jpg



登山する時間も根性もないので当然ロープウェイに乗ります。


f0061705_21401859.jpg

f0061705_21405714.jpg



標高が上がるにつれて紅葉の色も付いてきます。


で、上に着いて外を見ると、僕らが予想もしてなかった風景が待っていました。


f0061705_2148673.jpg

f0061705_2150996.jpg



生まれて初めて見た雲海です。


いつか大観峰雲海ツーリングしたいなぁ~と思っていましたが、その必要がなくなりました(笑


そして雲の上での昼食タイム。


f0061705_21552047.jpg

f0061705_21555314.jpg



こんな贅沢な昼食は食べた事ないです。


山頂はポカポカ陽気でシャツ一枚でいいくらい!


でも気温計は6℃を表示していました。


気温計が壊れているのか、はたまた僕らが壊れているのかは分かりませんが~(笑


f0061705_21592597.jpg


最高に気持ち良かった事だけは間違いありません。


色々ツライ思いもしましたが、良いツーリングが出来たと思います。


「キャンプツーは楽しいけど次回は春にしようね!」という声が多かったですが、


「真冬にキャンプするぞぉ~!」って声掛けたら、嫌々ながらも来てくれる人が数名いるって事を僕は知っています(笑


ただ、それに見合う道具を持ってないと洒落にならない事になるという事も今回知りました。


バイクで野遊びする楽しさを覚えてしまった僕らは、もうアスファルトに戻ってこれないかもしれません(嘘


またの野遊び企画を楽しみにしておいてくださいね^^


参加の皆様、ありがとうございました。


みなさんのやさしい気持ちで応援クリックして頂くと嬉しいです!
コチラをプチッと押していただくと嬉しいです人気ブログランキングへ
それでは。
by bphttobata | 2017-11-09 22:15 | ツーリング | Comments(0)