バイパスホンダ八幡店    山口店長の奮闘記


by bphyyahata
カレンダー

なんだかとっても良いよ!

今日、去年のデビューからずっと気になっていた車輌が入ってきました。


みなさんもご存知の、


ホンダと言えば、


f0061705_2181960.jpg


  スーパーカブ


でも、そんなカブも時代の流れによって


f0061705_21113513.jpg



インジェクションになってしまいました。

f0061705_21383938.jpg


ホラコレ、左の黒いBOXがカブの全てを制御している「ECU]ね。


インジェクション車のカブを真近で見るのは初めてだったので、穴が開くほど各部を見てやりました。


今回インジェクションになったと言う事で、エンジン各部にいろんなセンサーが付きました。


f0061705_21205366.jpg



コレ、プラグキャップじゃないですよ(プラグキャップは左端のヤツ)、O2センサーがシリンダーヘッドに埋め込まれています。


しかもヘッド形状が一新されていて、以前のタペットカバーはなくなっています。(ちょっと水冷エンジンのヘッドカバーみたい)


f0061705_21242498.jpg



で、シリンダーにももう一つ、オイルセンサーが埋め込まれています。


あっ、ちなみに左の丸いタンクみたいなのは、マフラーの触媒。これで、排ガスを更にクリーンにしているんですね。


ということは、今までのボアアップキットは全く使えないと言うことです。


いずれ某メーカーさんが、キットを出してくるとは思いますが、ECUのマップも変えてやらないといけないし、燃料を噴出する「インジュエクター」も噴出量の多いインジェクターに変えてやらないといけないし、なんだかキャブ車よりもかなりパワーアップに費用がかかりそうです。


でも、そんなデメリットも打ち消すかの様な良いところを発見!


実は、このインジェクションカブに、


お客さんの了解を得て(もちろん!)、


お客さんより先に試乗させてもらったんです!


まず、キーをONにするとカブらしからぬ「キュイーン」なんて音がします。(燃料ポンプの作動音ですね)


インジェクションなので今までの様なチョークレバーもなく、あとはキックペダルを踏むだけ。


キックペダルを踏むと、思った以上に簡単にエンジンがかかりました。(新車時のエンジンのおもさなど全く感じさせません)


キャブ車の時は、少しアクセルを開けないとかかりにくい車輌もあって、要は一台一台に癖があったんですよね。


少しアクセルを吹かしてみると、開けた分だけしっかりと回転がスムーズについてきます。


そして、いざ発進。


発進してすぐに感じたのが、トルクの太さと加速のスムーズさ。


同じ50ccなのに全く力が違うように感じられます。


そして、僕の試乗コース、山手の方に登っていくきつい坂道。


トップギヤのまま上っていくんです!(キャブ車の時は、必ずシフトダウンしないと上らなかった)


なんて言ったらいいのか・・・・。


言い過ぎかも知れないですけど、ライトボアアップがされているみたいな感じかな(75ccとかに)


しかもアイドリングは、こんな寒いのに超安定しているし、


今までのキャブ車で苦労していた所を、事細かく解決してくれています。


しかもシフトフィールもいい感じがするのは気のせい!?


とにかく、コレはすごく完成度が高い気がしますね。



コレ、    欲しいかも・・。





それにしても、新型カブのサービスマニュアルが来ていないのは何故?


明日、メーカーに文句電話してみよう。


僕、何時からこんなにカブが好きになったんだろう・・・。


今すごく萌えてる燃えてる。


それでは。
by bphttobata | 2008-01-17 22:18 | ミニバイク | Comments(0)