新車・中古車・修理・車検・カスタム・車輛買取など、お客様の要望に幅広く対応しているバイクショップです!国内4メーカー取り扱いしていますので、お気軽にご相談ください!


by bphyyahata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

バイクでキャンプin五ヶ瀬キャンプ村

どうも。
明日は早朝からキャンプ道具の手入れをする予定な者です。


休みなのに何故早朝からって?だって午前中から夕方まで予定がいっぱいなの...


家族に嫌な顔されながら片付けします(笑









さて、先日のバイクでキャンプ。


出発した日はかなり気温が低く、思わずハンドルカバーにグリップヒーターと極寒仕様で走りました。


田川バイパスを走っている時に数名が寒さで震えていたので、こりゃ小石原あたりでリタイヤが出るんじゃないかと心配しましたが意外と大丈夫でしたね。


日が昇っても気温はそれほど上がらず、あの卒倒しそうなほど暑かった夏の日々を懐かしく思い出す。


f0061705_08102690.jpg


f0061705_08104085.jpg


僕のツーリングにしては珍しく、雨も降らなければ路面も濡れていない。


奇跡です(笑


参加者の皆様、今回のルート、事前に説明していたルートと全然違った事にお気づきでしたか?


実は走っていたら気分が変わったので、ほぼすべて変更しました(笑


なので昼食場所も変えまして、
f0061705_08214726.jpg

f0061705_08111077.jpg

こんな景色を眺めながらテラスで赤牛丼を食べる。


f0061705_08250453.jpg

f0061705_08252314.jpg

そして阿蘇登山道を南側へ超えて高森へ。


本当は阿蘇山火口まで行こうと思ったのですが、ガスの量が多く全面規制がかかり通れませんでした。


高森から蘇陽町、そしてキャンプ場のある五ヶ瀬まで。


ミニバイクで走ると結構時間が掛かりますね。


それでも2時くらいには到着して、まずは設営します。


今回の為にバイクと道具一式を購入された方もいます。


日帰りで参加します!と言ってたけど、キャンプ場でレンタル道具を借りて自分の意志で宿泊を決めた男もいました(笑


ここからは夜の宴の為に買い出しに出ます。


山の中を走り、五ヶ瀬ワイナリーでお洒落なワインを購入、そして再び山の中を走り、温泉で汗は掻いてないけど疲れを落とす。


そんな温泉の売店には五ヶ瀬ワインを何種類も販売していました...


スーパーで食材や飲み物を買い込みキャンプ場へ戻った時には既に日没前。


慌ててビールの蓋を開けて皆で乾杯!


f0061705_08494589.jpg


ぎりぎりマジックアワーに間に合いました。


ここからは各々食事タイム。

f0061705_09005521.jpg

f0061705_09012969.jpg


f0061705_09014963.jpg

食材も調理方法も様々。

人数が多いと、色々な物が見れて勉強になる。

f0061705_09020314.jpg


寒い夜は焚火がありがたい。
ホットワイン、ホットウィスキーが冷えた体に染み渡るのがわかる。
f0061705_09022289.jpg

f0061705_09031586.jpg
食後は皆で炎を囲み、自己紹介から始まる。
まるで合コンのようだ(笑


f0061705_09104240.jpg


夜が深くなるにつれ、信じれないほどの星の多さにビックリする。
f0061705_09080717.jpg


やはりキャンプはいい!


朝も早く寒い中、距離も走ったからなのか、いつもよりテントに潜り込む時間が早い。


その中でも僕は誰よりも早くテントに入り込んだ。


翌日、五ヶ瀬の朝はそんなに寒くなかったですね。

f0061705_12581243.jpg


ただ夜露がすごくてテントの撤収が大変そうだなとは思いました。

f0061705_09045176.jpg

急ぐ必要もないので、のんびりと朝食の準備をする。


f0061705_09052299.jpg

飯盒の良い例と悪い例です。


もちろん悪い例の代表は僕です(笑


日光でテントを乾かし、その後撤収作業をします。


今回のキャンプ場、テントサイトまでバイクを乗り入れできないので道具の移動が大変でした。


特に道具満載で来ている方は、重い荷物を持って階段を何往復もしてたのでフゥ~フゥ~言っていました。


キャンプ場選びで大事なのは「テントサイトまでバイクを乗り入れできるか」「ごみを持ち帰らないでいいか」この二つが最重要項目ですね。勉強になりました。


管理棟の前で記念撮影です。


バイクのみバージョン↓


f0061705_12001197.jpg

ライダー入りバージョン↓

f0061705_12002405.jpg



なんかカブばっかりだし、フロントタイヤが浮いてるバイクばっかりですね^^


f0061705_12144409.jpg

f0061705_12152212.jpg

f0061705_12071757.jpg
f0061705_12134099.jpg


f0061705_12131595.jpg





f0061705_12142207.jpg


天岩戸でパワーを貰い(奪われた人も結構いた)、昼食は行きつけのレストランでチキン南蛮を食らう。


産山牧場までのアップダウンの道で、小排気量ならではのパワーバンドを外さないための絶妙なシフト操作をしながら進みます。


それにしても土曜日とはうって変わり気温が高かったですね。


ソフトクリームを食べる余裕もあります。


ちょこちょこ休憩しながら帰り着いたのは日が落ちてからでした。


500kmの五ヶ瀬キャンプツーリング、参加の皆様ありがとうございました!


それぞれ次回に向けての課題も見つかったと思います。


僕自身はパニアケースを付けて荷物を振り分けたことにより、走行安定性が格段に上がりました。


ただ、今回のコースだといつも以上にパワー不足を感じました。


ひたすらアクセル全開状態なので、やはり疲労は溜まりますね。


やっぱり125ccにせんといかんな~と感じました。


バイクでキャンプ、やり始めてちょうど1年ですが、少しづつ参加者が増えています。


すでに「次のキャンプはいつする?」とも言われています(笑


来月はしまなみツーリングもあるので、次回は極寒キャンプかな~なんて^^


今回のキャンプ画像、K様からデータを頂いていますので、必要な方は2GB以上のフラッシュメモリーを持参のうえご来店ください。(K様、いつもありがとうございます)


今回の野遊び写真を店内に張り出しますので、興味のある方は雰囲気だけでも味わってくださいね^^




by bphttobata | 2018-10-16 18:43 | ツーリング