人気ブログランキング |

新車・中古車・修理・車検・カスタム・車輛買取など、お客様の要望に幅広く対応しているバイクショップです!国内4メーカー取り扱いしていますので、お気軽にご相談ください!


by bphyyahata

スーパーカブで椎葉林道を下見してきた

どうも。
無事に出勤できた者です。


北九州じゃ体験できない冬の厳しさをしっかり体感してきました(笑



今回、近々開催しようと思っていた「椎葉林道ツーリング」の下見に行ってきました。


椎葉林道に行くぞ~!と声掛けしていたけども、実際にお客さんを連れて原付2種で走れるのか?時間的に可能なのか?という不安があったので、頭の中で考えているプラン通りにシュミレーションしてみました。


朝5時に八幡店を出発。


考えられるすべての防寒対策をして出発するも、田川バイパスで早速足が悴んでくる。(足先にカイロを入れてたんだけど)


気温は-2℃を表示。


そして小石原道の駅あたりから-4℃に...


峠を下るも逆に冷え込んでいき、夜明ダムの当たりは雲海の中を走る。


日田を走っていると、霧の中から日が昇ってきて幻想的でした。


日が昇ると悴むような寒さはなくなり、ただ風はとても冷たい。


小国から内牧に降りると、阿蘇山頂が雪化粧されているのが見える。


まぁ、道路は積もっていないだろうと勝手に判断し登山道を登る。


スーパーカブで椎葉林道を下見してきた_f0061705_09515545.jpg

予想通り草千里は銀世界だったけど道路は問題なし。


最悪の場合、ボックスの上に縛り付けていったスノータイヤに交換すればいいやという心の余裕があった。


南阿蘇に下り高森から五ヶ瀬、そして椎葉へ。


雪のかけらも見当たらない程のグッドコンディション。


上椎葉村で蕎麦を食べて尾前地区へ。


スーパーカブで椎葉林道を下見してきた_f0061705_10250448.jpg

ここで宿泊する「民宿おまえ」さんに寄り、「スノータイヤは必要なかったな」と、邪魔だったスノータイヤを下ろして椎葉林道へ。


スーパーカブで椎葉林道を下見してきた_f0061705_10270209.jpg

ここまでは以前も来たことがある椎葉林道の入り口。


スーパーカブで椎葉林道を下見してきた_f0061705_10274872.jpg

やはり内大臣林道側は抜けれないようだ。(バイクなら分からないけど)


スーパーカブで椎葉林道を下見してきた_f0061705_10292382.jpg

初めての椎葉林道、というか初めての本格的な林道走行。


しかもバイクはカブ。


不思議ながら不安な気持ちは一切なく、たぶん晴れ渡った青空を見てグッドコンディションのダート走行を確信していたからだと思う。


13時半頃にスタート。


椎矢峠までは20km弱、のんびりトコトコ行けば1時間ぐらいで到着やなと計算して出発。


頂上で絶景を眺めながら美味しいコーヒーを飲めると思うとワクワクが止まらない。


最初の1kmぐらいは舗装路だが、すぐに始まるダート走行。


思っていたより石のサイズが大きく、落石もチラホラあるのでしっかりラインを選んでいかないといけない。


オフロードマシンだったら全然問題ないだろうけど、僕が乗っているのはビジネスバイクカテゴリーで認知されているスーパーカブ。


最初は肩に力が入り思ったラインをトレースできなかったけど、そのうち体が慣れてきて景色を見ながらダート走行できるようになる。


近所の林道だったら体が慣れる前にダートが終わってしまうが、ここは果てしなくダートが続く九州一距離の長い椎葉林道。


雉や鹿に遭遇しながら大自然の中バイクを愉しむ。


「そろそろ椎矢峠が近づいてきたかな」と思いながらコーナーを抜けると、


スーパーカブで椎葉林道を下見してきた_f0061705_10491776.jpg

まさかまさかの雪道に遭遇!


かなり標高も高いし山陰で日が当たらないからだと...


スーパーカブで椎葉林道を下見してきた_f0061705_10523274.jpg

おいおい、スノータイヤ置いてきちゃったよ~(笑


さすがに大人な僕はバイクを降りて歩いて偵察する。


すると日陰を抜けたら雪のかけらもなかったので、気を付けながらノーマルタイヤで新雪ダートを抜ける。


そしてしばらくすると、またまた雪が現われる...(どんどん標高上がってるから当たり前だろ!)


しかも雪が結構深い。


スーパーカブで椎葉林道を下見してきた_f0061705_10565654.jpg


どんなに慎重に走っても後輪が横に逃げるしホイルスピンも....














スーパーカブで椎葉林道を下見してきた_f0061705_10570540.jpg

     そしてドンドン楽しくなる^^




その後もそんなシチュエーションを何度も繰り返しながら頂上を目指すが、深くなっていく雪にノーマルタイヤの限界を感じる...



スーパーカブで椎葉林道を下見してきた_f0061705_11003160.jpg

実は一人じゃないんです、選りすぐられた精鋭部隊での旅。


前に進まない中、時間だけが刻一刻と過ぎていく。


帰りの時間を考えてもこれ以上無理はできないなと思い断念する。

スーパーカブで椎葉林道を下見してきた_f0061705_11032520.jpg
スーパーカブで椎葉林道を下見してきた_f0061705_11034788.jpg

至福の一杯を飲むつもりが、少し苦いコーヒーを飲むこととなった。


スーパーカブで椎葉林道を下見してきた_f0061705_11041464.jpg
たぶんあそこに見えるのが椎矢峠だと思う。


あともう少しだったんだけど...


そしてスノータイヤを宿に置いてきたことに後悔しつつ、「いくら天気が良くても冬の山を舐めちゃいかん!」と強く思う。


スーパーカブで椎葉林道を下見してきた_f0061705_11084305.jpg

スーパーカブで椎葉林道を下見してきた_f0061705_11085221.jpg


下りは安全のためにバイクを降りて進む。


その後、長い下りのダートを愉しみ宿に戻ってきたのは16時半過ぎ。


宿の方に聞いたところ「あ~、あそこなら椎矢峠まで10分弱ってところやね」と言われました。


スーパーカブで椎葉林道を下見してきた_f0061705_11112096.jpg

スーパーカブで椎葉林道を下見してきた_f0061705_11112686.jpg

夜は山の幸と球磨焼酎(宮崎県だけど)で作戦会議。


ちなみにこの民宿を昔からよく利用している福岡店の鈴木さんの話をすると「あぁ、よく知ってますよ~、あの~....スズキバイパスの鈴木さんですよねぇ~」と仰っていました(笑


翌日の朝飯も腹いっぱい食べさせてもらい9時半ごろ出発。


前日に降った大雨で路面はビショビショでしたが雪は全く降っていない。


だけど五ヶ瀬に抜ける国見トンネルを抜けた途端道路に雪が現われてビックリ!


その後日陰になるたびに雪が現われ、一番ひどかったのは高森峠付近。


完全に銀世界で路面もシャーベット状態...


こりゃ山手は危ないぞ!と思い、南阿蘇から57号へ、そして熊本市内から3号線でひたすら北上して16時半頃に帰ってきました。


今回の椎葉林道下見ツーリング、使ったガソリンは10リッター。


距離にして450kmぐらいだと思う。(メーターを確認していなかった)


出発は早いですが、原付2種で10名ぐらいで行ったとしても余裕をもって林道走行できるだけの時間がある事も確認できました。


結果、春先に椎葉林道ツーリングを開催することを決定しました!


開催は3月末~4月初旬ぐらいを考えています。


詳細は決まり次第ご案内しますので楽しみに待っていてくださいね^^




by bphttobata | 2019-02-14 11:34 | ツーリング