新車・中古車・修理・車検・カスタム・車輛買取など、お客様の要望に幅広く対応しているバイクショップです!国内4メーカー取り扱いしていますので、お気軽にご相談ください!


by bphyyahata

2018年 02月 22日 ( 1 )

バイクで極寒キャンプ

どうも。
慌ただしい日々を送っていた者です。


やっとブログ更新をするゆとりができたので、思い出しながら書きたいと思います^^







リヤキャリアに満載の70Lタフザック、フロントカゴとレッグシールド横についているコンビニフックには食材と飲み物を積みキャンプ場まで走る。


今回、闇夜を快適に走れるように明るいヘッドライトに交換した僕の新型スーパーカブは、前方を照らさず、前カゴに満載された荷物をこれでもか!って程に照らしていたので、余計に怖い夜間走行となりました...(まぁ、ヘッドライトの話は別の機会に)


キャンプ場に着くとまずプシュッ!といきたいところですが我慢して、今回の極寒キャンプの為に準備したテントや道具のの設営をします。


僕はキャンプをするのは2度目ですが、嫁に怒られながらも家キャンを幾度となくしているのであっという間に設営完了(笑

f0061705_20413275.jpg

f0061705_2041850.jpg

f0061705_20415213.jpg


その後、ビールを飲みながら夕飯の準備です。


我ながらモツニラ味噌ラーメンは絶品の味でした。


今回の参加は僕を含め5名。


皆、それぞれのバイクに上手に道具を積載して来てくれました。

f0061705_2052583.jpg

f0061705_20524859.jpg

f0061705_20545682.jpg

f0061705_20552422.jpg



「俺、フルメッシュのテントしか持っとらんのやけど...」と言っていた方も知恵と道具を使い、極寒に対応できる仕様になっていました。


ちなみにバイクはクロスカブが2名、カブが2名、グロムが一名。


一名だけ積載時の画像があったので載せておきます↓

f0061705_2125932.jpg


若戸大橋を走行中、横風に煽られ死にかけたと言っていました(笑


これだととてもじゃないけどツーリングはできませんね。


今回の様に超近場でキャンプを楽しむ事をメインに考えるならばOKとは思いますが、ツーリングキャンプするなら極力軽装備で行かないといけませんね。


積載の前後配分も考えないといけないので僕も含め課題は山積みです。


そして食後はお楽しみの「焚火を囲んでの談笑タイム」です。


今回も焚火職人や枝拾い職人がいてくれたおかげで食後の焚火タイムを満喫することができました。


f0061705_2194697.jpg


この時の気温はマイナス1度くらい。


でも火があれば「心地良い寒さ」ぐらいに感じれます。


今回、初キャンプの方が一名いまして、道具も揃えたばかり、何をするのも新鮮で楽しい!”と言っていました。

f0061705_21152822.jpg

そんな男は、誰よりも遅くキャンプ場入りし、そして誰よりも早く意識を失っていました(笑


火の粉が飛んでる事も分からずいたので服は穴だらけ、おまけに大開脚後転を披露し、皆の記憶にしっかりと存在を刻み込んで華やかなデビュー戦を飾っていました。


そして問題の就寝タイムです。


「朝ちゃんと目を覚ませるやろうか...」という不安の下、皆テントに潜り込みます。


翌日、ちゃんと目が覚めました。しかも快眠出来ました。


テント内の温度は8度。


僕は電熱ベストを着ていたのでシュラフの中はホッカホカ、多分20度近くはあったんじゃないでしょうか。


足先にも工夫を凝らしていたのが快眠できた理由かなと思っています。


早速、表に出て生存確認をします。


一番心配だったルーキーも声を掛けると「うぅぅ.....」と声を漏らしていたのでホッとしました(笑


今回電熱ベストを持ってきた方が3名いて、「普通に寝れたよ」と言っていました。


ちなみにフルメッシュテントで参戦した猛者は寒さは感じなかったが隣のテントから「うぅぅ...うぅぅ」音が聞こえて眠れなかったと瞼を腫らしていました(笑


f0061705_2133016.jpg



僕は夜中に食い過ぎたので全く腹が空かず、ウィンナーのみ。


仕事があるので早々に片付け撤収しました。


f0061705_21353948.jpg


後日、参加者と話す機会がありましたが、冬キャンプの方が装備をしっかりしていれば楽しめるんじゃないか!と。


夏場のように虫もいないし汗を掻く事もない。


焚火で暖を取り、揺らめく炎を見ながら杯を傾け仲間との会話を楽しむ。


これは体験した人じゃないと分からない気持ちかもしれません。


味をしめた僕らは、再度ここでキャンプしようと誓いました。


来たるシーズンに向けての予行練習です。


「興味あるけど何も分からない」という方はご相談ください。


僕も初心者ですが、一緒に「バイクで野遊び」を楽しみましょう^^


参加された皆様、ありがとうございました。


再び来たる冬キャンの為に爪を研いで待っていてくださいね(笑
by bphttobata | 2018-02-22 21:46 | ツーリング